再び、韓流沼へ、、、

LOVE&ピース。

こんばんは。

北九州市八幡東区・えん療術所の井上尚子です。

 

ようやく、一律10万円の給付が決まり、一刻も早く手続きを進めて欲しいと思っています。

ほんとに、ほんとに、今日明日にでも必要としている方がいるので。

 

わたしがかかわっている「北九州子どもと教育のために手をつなぐ会」でも、6月に松元ヒロさんをお呼びしてライブをすることが決まっていましたが、この状況下で難しいと判断し、延期になりました。

演劇など文化芸術関係のみなさまはじめ、多くの方が仕事ができない状態にあります。

 

たしかにオンラインでできることもあるかもしれない。

でも、わたしはやっぱり演劇はナマで観たいです。ライブの、ナマの空気に触れたいです。

その時にしか感じることができない心の揺れを受けとめてくれるのは、やっぱり目の前の表現者なんです。

 

文化芸術は、余裕のある時に楽しむぜいたく品ではない。

わたしたちが生きていくなかで必要なもの。

そのことを、今強く感じます。

 

、、、と、言いつつ、、、

わが家では、韓流ドラマ漬けになっているまる子が、またしても韓流沼に誘ってくる。

ナマの舞台ではなく、映像ですけどね(;’∀’)

 

たった10秒見せられただけでも、引きずり込まれてしまう世にも恐ろしい韓流沼。やべえ世界だ。

 

ようやく「麗~花萌ゆる8人の皇子たち」沼から這い出てきたところなのに、

今回は、まる子が毎度キュン死している「ソヌ💛」ことパク・ソジュンさん主演の「彼女はキレイだった」!!

 

(画像はネットよりお借り)

 

 

なにがなんだかよくわからないんだけど、見ちゃうんだよね💦

 

ドラマの手法として、

◎すれちがいが多い

◎最初はいやなやつだったのに、好きになってしまう

◎当初のツンツンぶりはどこへやら?好きになったが最後、男子のほうがめっちゃデレデレする

◎ヒロインをめぐる三角関係

◎フラれるほうの男子が、最後はいちばんの味方になる

、、、と、かなり古典的な要素満載です。満載ですよ!わかってるのに、見てしまう。

 

すげー手玉にとられてる感があるわ、わし。

これも、脚本や演出の良さ、俳優さんの上手さなんだろうな~。

 

なにせ、日本以上の学歴社会である韓国は、

演劇関係の方も、○○大学演劇科卒業とか、本当に基礎基本がしっかりしているので、クオリティが高くなるのは当然。

さすが世界に輸出されている韓流ドラマ。

 

沼にハマってしまうのも、仕方ないのだ。

 

今日は、早い時間にブログを書こうと思っていたのに、ついついテレビの前から動くことができず、もう夜中だ。

 

明日は、なんとか抵抗しようと思う。

(ムリかも)

 

ちなみに、「ソヌ💛」とは、まる子が韓流沼にハマるきっかけとなった「花郎(ファラン)」というドラマでの、パク・ソジュンさんの役名。

まる子は、どの作品であってもソジュンさんは「ソヌーー💛」。

アカデミー賞の「パラサイト」にもご出演だそうですよ。

 

ではでは、みなさま健やかにお過ごしください。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

やさしい温熱で、こころとからだをほぐしていくイトオテルミー。

すっきりと軽くなるデトックスマシーン・ゴッドクリーナー。

大量の汗とともに冷えを流すよもぎ蒸し。

どちらも、みなさまの健康の一助となることでしょう。

北九州市八幡東区・えん療術所でお待ちしております。

・・・・・・・・・・・・・

えん療術所 *イトオテルミー療術師 井上尚子*
【受付】 9:00~
【定休日】不定休(できたら事前にご予約ください)
【お問い合わせ・ご予約】070-5690-0147
【住所】北九州市八幡東区尾倉1-2-1(西鉄バス「尾倉町」バス停前)

 

 

関連記事一覧

PAGE TOP