受験生のお母さん

LOVE&ピース。

おはようございます。

北九州市八幡東区・えん療術所の井上尚子です。

11月に入り、朝晩はひんやりするようになりました。
こんなときは

梅しょう番茶やねえ。

梅干し、しょうゆ、生姜にあつあつ番茶を注ぐと出来上がりです。

すべてからだを温めるものが入ってるので、
冷えてしまった日に
風邪のひきはじめや経過中にもどうぞ。

ちなみに、こちらの「きれいなジャイアンマグカップ」は、
息子のタボが、藤子・F・不二雄ミュージアムにて、

1時間並んで、わたしに買ってきてくれたお土産。

わたしが、きれいなジャイアンエピソードが大好きということを覚えててくれたのでござる。

これね、わたしの宝物。
わたしがいつか旅立つ日には、一緒にカンオケに入れてほしいと切に願うくらい(笑)。

それはそうと、

タボ氏が受験生でした。

タボ氏のあまりの勉強しなさぶりに、家族全員忘れておりました。

オットなど、「来月の休みさあ~、家族旅行行こうや~」と、すごい腑抜けたことを言ってましたが、
だれも否定せず、それに乗っかっていそいそとあそぶ計画を立ててしまうわたくし。

だって、家におっても勉強とかせんのやけ、その分有意義に遊んだほうがいいでございましょう。

タボ氏は、A高校を受験するつもりでして、
それは彼が調べて希望したのではなく

周りの友だちの
「タボ~、一緒にA高に行こうや~」「行こうや~」「行こうや~」、、、
という声に乗っかったもの。

友だち推薦枠ってヤツ(笑)?

A高は、とりたててお勉強ができるとか、スポーツが強いとか、特にない。
いちおう、芸術科はあるのだけど、タボ氏はそこに行きたいわけではなく、あくまで普通科。

要するに、フツーでいいのだそうだ。

わたしは昔から、関東にある某自由な高校に子どもたちが行ってくれたらいいなあと実は思っていて、
ちょいちょい情報を入れていた。

そしたら、この市内にもそんな自由度の高いB高校があることがわかって、ぜひそこに行ったらいいよ!!!とおすすめしていたにも関わらず、タボ氏はフツーのところでいい、、と、あっさりA高希望と書いて、提出していた。

A高かぁ~~~
B高じゃなくて、A高かぁ~~~

その後も数回、B高の見学に行ってみようとか、B高の卒業生さんや在校生さんの話を聞くといちいちタボに伝えたりとかしてみたんだけど、
タボ氏の決意揺るがず・・・。

そして、そんなある日、気づいた。

、、、子どもたちに自由にしていいよ、と言っていたわたしも、
子どもを操作したいという気持ちがあるのだな。

医者になってほしいとか、海外留学してほしいとか、そんな大それたことじゃないけど、
なにか自分の希望を託すというか、子どもにヘンに期待する気持ちがわたしにもあるのだなあ~。

わたし自身、
けっこう子どもには、期待もせず、手放してもきたし、ある意味あきらめてもきたつもりだけど、
まだまだ負わせようとするとは、
親というのはなんとも苦い存在だあね。

もう今となっては、B高はあきらめたけどさ。

いや、わたしが受験するんやないんやけ、あきらめるもなにもって感じですけどね(笑)。

中学を卒業する時って、人生のひとつの区切りであるわけで
これまで義務教育として当たり前に行っていた学校が終わり
自分の進路を自分で決めることになる。

そこに親の希望を入れてほしいというのは、
やっぱりエゴだねえ。

まあ、こうやって気づけて良かったです。
気づかんと手放せないからね。

こないだ
一緒に「ナマケモノの会」を主宰している
KOMADOstudioのあっこさんと

「受験生の親が、親としてすることは『ソワソワすることぐらい』やね」

という話で盛り上がった。

もう、今のわたくしは
ソワソワすることもないかな、と思うけど

子どもたちが、わが子だけでなくすべての子どもたちが、
どんな選択をしても
よりよい、愉快な日々を送ってくれたらいいなと思う今日このごろなのでございます。

ウチから見えた夕暮れがあまりにきれいだったので、思わずパシャリ。

ではでは、今日も良い一日を。
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

・・・・・・・・・・・・・・

えん療術所 *イトオテルミー療術師 井上尚子*
【Open】10:00~17:30
【定休日】日曜日・毎月8日、土曜日と祝日は前日までのご予約さまのみ受付です。
☆出張施術、研修、農作業、遊びに行きたい癖などで臨時休業になることがあります。事前にお問い合わせください。
【お問い合わせ・ご予約】070-5690-0147 
【住所】北九州市八幡東区尾倉1-2-1(西鉄バス「尾倉町」バス停前)

関連記事一覧

PAGE TOP