未病のうちに

LOVE&ピース。

おはようございます。

北九州市八幡東区・えん療術所の井上尚子です。

 

なかなか珍しいことなのですが、

この数日間、お見えになるクライアントさんが全員、よもぎ蒸しかゴッドクリーナーの施術をご希望。

 

そして、わたし自身もあちこちに出歩いて、しっかり自分の体と向き合う時間がとれなかったため、

4日間も冷温器を握ってませんでした。

つまり、テルミーの温熱を4日間も体に入れてないってことです。

 

で、どうなったかと言うと、

腰と右脚に鈍痛💧

もともと、右脚はわたしのウィークポイントなんですね。

 

考えれば当然のことで、

わたしはいつも山に登って、歩き回って、けっこう体を酷使しているわけです。

 

わたしは普段からすこぶる元気で、特に痛いところとかしんどいところはなく、ありがたく過ごさせてもらっているのだけど、

振り返れば、それは毎日のちょこちょこテルミーの賜物であったと言わざるを得ない。

 

日々のテルミーが、疲れを癒し、健康を維持してくれていたのだと、つくづく分かりました。

 

わたしたちは、日々活動していく中で、からだにたくさんの負担をかけているわけです。

立ったり歩いたり、同じ姿勢を維持したり、食べ物を消化したりすることですら、からだはせっせと働いている。

 

若いうちはそれらを負担として自覚することは少ないのですが、年齢を重ねるとともに、また、こちらの心のもちようによっても、「疲れ」として認識するようになってきます。

それが、痛みや明らかな不調といった「症状」として表れてきたときは、けっこう進んでしまった段階かもしれません。

 

だからやっぱり、いわゆる「未病」の段階でそれを解消しておくことは、とても大事だなあと思うわけです。

 

今回、腰と右脚の鈍痛は、いつもより丁寧で時間長めのテルミーをすることでずいぶん解消されました。

でも、できることなら、そうなる前に、自分の体をメンテナンスすることが大事だと思うのです。

 

これまでのクライアントさんの症例で言うと、

ぎっくり腰などの強烈な腰痛の場合、「しばらく続けて通ってください」となるわけ。

でも、それより、なにもないときから月に1~2回通ってくださるだけでも予防になるし、ぎっくり腰で痛い思いしなくて済むし、不便な生活しなくて済むし、仕事休まなくて済むし、一気に大金使わなくて済むし、、

(もちろん、仕事休みたくて腰痛起こしている場合は別ですが(笑))

 

わたしたち生き物は、生きている限り、死に向かっているわけですから、衰えるのは当たり前なんです。

しかし、それをそのまま放置しておくと、どこかの時点でドッカーンとなる。

だから、そうなる前に、「未病」のうちに解決しておくことをおすすめします。

 

そんなわけで、改めてテルミーのすごさを実感したところですので、

あなたのからだのメンテナンスに、ちょっとした心の休息として、テルミーをおすすめします。

 

☆療術テルミー 4000円(お子さま、会員さんの割引あり)

☆部分テルミー 10分1000円~

☆ご家庭でテルミーを使いたい方は、お問い合わせください。

 

 

ではでは、今日も素敵な一日を。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

えん療術所 *イトオテルミー療術師 井上尚子*
【受付】 9:00~16:00
時間内のご来所が難しい方もお気軽にお問い合わせください。
【定休日】不定休(土日祝は前日までに要予約)
【お問い合わせ・ご予約】070-5690-0147
【住所】北九州市八幡東区尾倉1-2-1(西鉄バス「尾倉町」バス停前)

関連記事一覧

PAGE TOP