ひとりも透明な存在にしないためにできること

LOVE&ピース。

こんばんは。

北九州市八幡東区・えん療術所の井上尚子です。

 

昨日のブログでは「ただのひとりも透明な存在にさせてはいけない」と書きました。(→ こちら

 

では、それを実現するためにはどうしたらいいか、わたしの考えを書いてみます。

もしどなたかの参考になるなら、さいわいです。

 

大きくはふたつの視点があります。

ひとつは社会全体にかかわること、もうひとつは個人個人でできることです。

 

まず社会全体にかかわることですが、

 

「競争を社会全体でやめる」

 

これにつきます。

 

 

競争というのは切磋琢磨という言葉があるように、競い合って向上するという面もあるのですが、

 

一方、とても暴力的なものでして、

競争を子どもに強要する社会というのは、非常に暴力性が高い。

 

マウント思考を助長させます。

排除の論理なども簡単に働きます。

 

そして、脱落する子の不安や恐怖を増大させます。

もちろん勝ち抜いた子も、常に転落の不安や恐怖にさらされます。

 

おとなが競争を肯定すると、

できない子どもに暴力的に接することを、おとな自身が自分に許してしまう、というとても恐ろしい事態を引き起こす場合があります。おとなが子どもに対してマウントしちゃうの。

 

また、なによりいただけないのは、

子どもを、子ども自身ではなく、「数字」でとらえるようになることです。

〇〇点、〇〇番目、偏差値○○、平均〇〇より上か下か、、、

 

そのひとつひとつの数字が、子どもを「透明な存在」にさせていきます。

 

そのこと、そしてその罪をおとなはきちんと認識すべきです。

今の日本は、とても暴力性が高い国であると認識したほうがいいと思う。

 

まず、順位をつけるテストなどをやめること。

部活やスポーツにおいても、「勝ち」や「高順位」だけを求めないこと。

 

テストの順位を上げるために、無理やり塾に通わせるのも非常に暴力的な行為ですし、

 

また、勝たせるためと称して、体罰や暴言を容認するおとながいまだ多いのには驚かされます。もう21世紀ですけど。

 

また、「人にやさしく」「人と仲良く」「積極的に行動」「素直」「正直」など、評価されるような行動パターンを子どもに押し付けることもどうかと思う。

 

だいたい、子どもに体罰をふるったり、人をマウントするなんて、全然優しくない行為なのにね。

おとながそれをやってるんだよね。

 

今、この社会は子どもたちが生きやすい社会であるのかどうか。

子どもたちが生きやすい、というのは、ひいては誰もが生きやすいということと一致すると思います。

 

 

それから次に、個々人でできること。

たとえば、親や祖父母であるなら、、

 

「子どもに期待を寄せない」

 

いちばんはコレかな。

 

期待するとさ、やってほしくなるわけよ。期待どおりになってほしいから。

でも、人はそう期待どおりには動いてくれないっすよ。

 

これは、子どもとの関係だけじゃなくて、

配偶者とか、仕事の同僚とか、そういうみなさんとの関係に対しても同じだわね。

もし期待しているなら、あっさりあきらめましょう。

 

それから、

 

「自分のことをおろそかにしない」

 

というのも大事なことと思う。

 

おとな自身が、自分のやりたいことややるべきことを見ないでいると、時間が空いてしまうのですよ。

で、空いた時間の暇つぶしに、子どもの人生を計画して、子どもにアレコレ言うわけ。

 

場合によっては、自分の寄る辺ない不安を子どもにぶつけたりもしがち。

 

そのなかで子どもは追い詰められます。

おとなの期待に応えねば、、と、けなげにがんばる。

自分の考えや気持ちをおろそかにして。

 

自分をおろそかにすることが、代々受け継がれていくわけ。

 

悲劇だよね。

 

だから、そういう悲劇を子どもには受け継がせないぞ!!!!と、おとなは明確に自覚して取り組む。

これは個人個人が意識すればできることですよね。

 

おとなは自分の好きなことを一生懸命やる。

自分の時間を、全部自分のことで埋める。

 

そういうおとなが増えたら、子どもたちも伸び伸びできるだろうな~~と思います。

もう誰も自分のことを隠さなくてよくなる。

 

そういう社会をつくるのは、ほかの誰でもない、わたしたち自身なのだと思う。

だからこそ、今日ここに書いてみました。

 

これは子どもたちがつくってくれた、いいもの💛。

 

ではでは、みなさま健やかにお過ごしください。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

やさしい温熱で、こころとからだをほぐしていくイトオテルミー。

すっきりと軽くなるデトックスマシーン・ゴッドクリーナー。

大量の汗とともに冷えを流すよもぎ蒸し。

どちらも、みなさまの健康の一助となることでしょう。

北九州市八幡東区・えん療術所でお待ちしております。

・・・・・・・・・・・・・

えん療術所 *イトオテルミー療術師 井上尚子*
【受付】 9:00~
【定休日】不定休(できたら事前にご予約ください)
【お問い合わせ・ご予約】070-5690-0147
【住所】北九州市八幡東区尾倉1-2-1(西鉄バス「尾倉町」バス停前)

 

 

関連記事一覧

PAGE TOP